いつまでも元気な歯を残したい
8020運動は、80歳になっても自分自身の歯を20本保つことを目標とする歯の健康づくりのスローガンです。このスローガンは、1990年の歯の衛生週間における日本歯科医師会の対外PR広告にはじめて現れました。


また、翌年の歯の衛生週間では、重点目標に「8020」運動の推進が掲げられ、さら1992年には「8020」のロゴマークが作成されました。このようにして「8020」は、歯磨剤をはじめとする歯科保健関連商品の広告に用いられ、1993年には「現代用語の基礎知識」などにも時事用語として収録され、急速に国民に浸透しています。性・年齢階級別では、周知率は男女とも25歳~34歳で高く、特に女性では5割近くになっています。


現在1人平均の永久歯は、60歳で約21本、70歳で約15本、80歳以上では約8本と年齢を重ねるにつれて減少しており、高齢期における健康な食生活の確保に大きな支障を生じています。日本歯科医師会が進める「8020運動」は、う蝕や歯周疾患のように特定の疾患や、また幼少年期や中年以降のように特定の年齢層を対象とするものでもなく、「生涯を通じた歯の健康づくり」のための運動です。





磨いていることと磨けていることとは違います。
歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目など汚れの残りやすい場所がありますので、 歯間ブラシやデンタルフロス等を使ってきちんと汚れを落とすことが大事です。


正しい歯の磨き方の指導を受けるようにして下さい。
自分の健康、自分の歯は、自分で守るよう心がけましょう。
定期的に歯の健診を受けましょう
定期的に歯の健診を受け、歯を失う原因となるムシ歯や 歯周病を早期に発見し、早期に治療を受けるように心力が けましょう。
また、気軽に相談にのってくれたり、指導をしてくれる 「かかりつけ歯科医」を持ちましょう。