健康で活力のある人生を送るため多くの歯を残すことは、食品の咀嚼を容易にするとともに健康の保持増進に重要です。このことは、幼年期からの口の中の健康管理が大変重要となります。幼年期の口の中の健康管理は主にその両親が担っていることと思います。「よい歯のコンクール」ではそのような趣旨で優れた口の中の健康を有する親子を選出し表彰するものです。最優秀賞に選ばれた親子は、全国各都道府県から選ばれた最優秀親子のなかでさらに審査されます。4月1日から3月31日までの間に各市町村で行われる3歳児歯科健康診査を受診した幼児とその親を対象に行い、各市町村から選ばれた親子が、大阪府歯科医師会館に一堂に会し今年の大阪府一を選出し、表彰します。その後、全国各都道府県から選ばれた最優秀親子のなかでさらに審査されます。この全国的な審査で優秀であると認められれば、全国歯科保健大会に招待され表彰されます。